スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●家の完成はゴールなのか?スタートなのか?

私はお蔭さまで、今日まで多くの家を
建てさせてきました。
一棟一棟 真心込めて建ててきました。
そして 昔 建築した家に
お伺いすることがあります。

どちらのお家も綺麗に掃除され
新築当時のままという家が殆どです。
これは 大げさな話でもなければ
ベンチャラいっているわけでもありません。
本当の話です。

訪問して嬉しい事は 建築当時 
まだ幼い瞳しりでよく私の顔を見て
泣いた子や わんぱくで事務所の中を
走り回っていた子、
夏休みは毎日水泳で真っ黒になっていた子・・・
そんな子供たちが 大きくなっていて
訪問すると懐かしいように
私に抱きついたりして遊びに来てくれます。

ご家族も笑顔で私を迎えてくれます。
人生で幸せな時間を感じます。

さて 家の完成はゴールなのか?スタートなのか?
と言うと 今 私がお話しましたように 
家が完成すると
同時に家族の新しいドラマがはじまり 
子供たちも親もみんな大切な節目を
迎えながら変化していきます。無常です。

こうして
昔 建てたお家にお伺いして 
当時 設計しているときご家族の意見を沢山聞いて 
その意見をまとめて 
少しだけ私の意見を取り入れていただき
出来上がった家は 
皆さん大事にされ使われていますね。

もう一つの理由に私はセルフビルドを
出来るだけ工事にとりいれるようにしています。
工事中はご家族の仕事もあり大変なのですが 
日曜日や夜なべでセルフビルドされて家は 
その時の汗が
家に染み付いているのだと思います。

だから 壁や柱に簡単に
釘やピンが打てないのでしょう。

家の完成は家族の舞台の完成だと思います。
そして、そこで家族の新しい
ドラマがスタートするのだと思います。
家の工事は勿論のこと、
計画の時から家族全員参加だから
完成しても家族全員仲良く暮らせるのだと思います。

家の完成をゴールにするのも
スタートにするのも家族の意識や価値観です。

私は 家づくりを沢山経験してきましたが 
家族の衝突を恐れずにたくさん話し合って、
家族の絆を深めてこそ 
満足いく家が完成すると思います。

私は その絆に真心込めて建てたいと思っています。
感謝

スポンサーサイト

<< ミーティングルーム | ホーム | ●これが建築家に必要なものと考えています。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。