FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●これからの住宅に思う事。


日本では『いい家』が切実に
求められていると思います。
住宅メーカーさんや工務店さん各社は
次々と新たな商品を開発さています。

たとえば新しい技術開発による
地震に強い家や木をふんだんに使った自然志向の家、
あるいは省エネをテーマにした高気密・高断熱の家など、
その多様性は様々です。

でも、未熟な技術や誤った認識で施工したり、
売るだけを目的に建てられたケースが
極めて多いのも現実に聞きます。

日本の住宅はあまりにも短命な住宅が
多いのもその事を端的に
物語っているのではないでしょうか。

これは世界でも稀な事なのです。
『いい家』は長持ちのする
何世代も暮らせる
家だと思います。

そんな家を建てるには
建築の専門家に相談してから
よく考えることです。

家づくりは、何件か展示場を見ただけで
簡単に理解できるものではありません。

施主様にとっては
人生の大事業であり
家族の大きな買い物なのです。

だから これからの住宅は長持ちのする家を
専門家にしっかりした監理のもとで
建てることだと思います。
スポンサーサイト

<< ●直営工事で何がどうしてコストダンするのか? | ホーム | 住宅の寿命 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。